伸びしろあるものを伸ばせの講演を聞いて原点に返る!

2020-08-22

皆さん、こんにちは。嘉麻市地域雇用創造協議会の秋吉です。

前回、デザイン協議会さんでの山口県の都心でもバカ売れしているピクルス個人事業主さんの講演。

【育てない、伸びしろある効果あるものだけ残す】

この言葉から、試作開発をしてきた中で、試作したから何とか形に。そう思った品々を振り返り

伸びるものにターゲットを、ちょっとこれは嘉麻市の方々が継続して作ったり、自宅でたべたり、飲食店で出たり…。まだ売ると将来なった時に販路出口が難しかったり…。

そんなものを考え、講演の話を振り返り、原点に戻ってみました。中山間部。使われていない蒟蒻芋。

嘉麻市の資源の活用。蒟蒻の派生形よりも、美味しい蒟蒻の追求をもっとしよう。

一度ここにもどり、そこからこのおいしさを伝えられる商品化を目指す。いつも通りチャレンジ!

ご協力いただくうちに、少しずつ興味を持っていただいたり、お声をかけてくださったり。

本当に嬉しい!!(T▽T)地域の和が右も左も分からない中で広がってきています。

   

作り方の検証を幾度かして、味に厳しい地元の方々に意見を頂き、どこにどんなコツを否決をもってやれば…。そしてどうしたら継続するのに無理がないかなども検証。

   

 

お芋はいつも以上にしっかり柔らかく!

👆ミキシングもなんだかきれいに!!

今までよりも白くきれいに凝固!

食べてみたら…なかなか良し!

いつもお母さんたちが刺身蒟蒻以外で作っているアレンジでポン酢も!美味

前回のデザイン講演のお陰で、何か突き抜けた感じがあったのでした。

やはり、蒟蒻!ここのおいしさにしっかりかけて進めていきたいと思います。

今日はこの辺で失礼致します^^

これからも嘉麻市地域雇用創造協議会を宜しくお願い致します(@^^)/~~~